勉強会

勉強会を行いました


湘南介護人材協同組合の川井先生(社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員)をお招きし、認知症の基礎理解ができること、訪問歯科としてどう認知症と関われば良いかを学ぶことを目的に研修を行いました。

私たちが訪問する施設・在宅のご利用者は認知症の症状のある方が多くいらっしゃいます。新たにスタッフを迎えたのを機に、改めて認知症について学ぶ機会を得たいと今回の研修を企画しました。

川井先生の切り口から分かりやすく教えていただき、グループワークを通して、認知症の症状がある方への今までの対応を振り返り、新たな気づきを得ることができました。グループワークで行った「言ってはならない、してはならないルール作り〜認知症ケア、施設への訪問・外来時、言葉遣い」でそれぞれのチームから提案されたルールはクリニックに掲示し、日々の目標としています。

46歳という若さでアルツハイマー型認知症と診断されたクリスティーン・ブライデンさんの言葉が印象に残りました。「私たちがより感情の世界に生き、認知の世界を生きることが少なくなっているので、記憶に残るのはあなたが何を言ったかではなく、どんなふうに話したか、ということだ。」

訪問歯科という仕事を通して人が幸せになるための支援を行い、人生の大先輩である方々に敬意と感謝の気持ちを忘れず、今回学んだことを活かしていきたいと思います。

 

一覧に戻る

ご予約・お問い合わせ

CONTACT
CONTACT
  • 五十嵐 佳子理事長、宋 志鎬院長の独自取材記事(つばめデンタルクリニック)|ドクターズ・ファイル
  • チームで対応高齢化社会でニーズの高まる訪問歯科診療|ドクターズ・ファイル
  • 歯髄細胞バンクと献歯バナー
  • 摂食嚥下関連医療資源マップ